カードローンを上手に利用できるかどうかは、返済の仕方にかかっていると考えていいでしょう。クレジットカードの場合も、1~2回払いは無利息ですが、3回以上になると利息がかかります。カードローンもそれと同様に、返済の仕方によって将来的に支払いする利息が大きく変わってくるのです。例えば1回で完済する方法を選べば、翌月の返済日までの利息ですみます。カードローンの実質年率は1年間を365日として計算するので、借りた日数に対して利息が発生するのです。利息を抑えるためには、長期の借入を避けることが何より大切となります。借入日数が30日間と60日間では、利息が2倍も変わってくるわけです。

カードローンにはボーナス返済は用意されていないので、翌月には1回目の返済期日がやってきます。それまでの借入期間は長くとも2ヶ月未満なので、発生する利息は大きくはなりません。損をせずにカードローンを利用するためには、リボルビング返済をなるべく避けるべきでしょう。毎月の負担を軽減するという点ではメリット絶大ですが、完済までの利息は非常に大きくなります。例えば100万円しか借りていないのに、借入額と同額以上の利息を支払ったという方は、リボルビング返済を選んでいたと考えられます。借入期間が長期化すれば完済に時間がかかるのは当然なので、時間をかけないためにも少し借りてすぐ返すという基本を守りましょう。短期間で完済するには繰り上げ返済が役立つので、お金が余った月は積極的に行いたいものです。銀行に預金していても、利息はほとんどつかない時代です。カードローン契約中においては、貯金することよりもローンを早く完済することに専念しましょう。カードローンの実質年率は15.0%を超えるものが多く、資産運用をしてもこれを超える利息を得ることは困難です。それゆえ貯金・資産運用に精を出すよりも、早期の完済を目指したほうがお得なのです。お金を借りるということは、借りた金額より多く返すことを意味します。

ここ数年、銀行カードローンの契約者が増加しています。これまではキャッシング契約というと主に消費者金融業者と契約する人が殆どでしたが、消費者金融が総量規制の対象となってしまい、借り入れの際に所得証明の提示を求められるようになってしまって以降は銀行カードローンの利用者が増加し続けています。現在では大手銀行やインターネットバンク、そして地方銀行など様々な金融機関で展開されているローン商品です。この銀行カードローンは年利が消費者金融よりも低く設定されており、他のローン契約がある場合などは金利の優遇措置を受けてさらに低金利での借り入れが可能となっているため、金利の高い消費者金融業者からの借金を借り換えるための利用者も増加し続けている傾向にあります。

また、近年では店頭に行かなくても、インターネット上で契約が完結可能となっているため、利便性が非常に高くなっています。収入の無い専業主婦でも契約することが可能な銀行のカードローンですが、当然契約の際には審査を受けることが必要となります。契約の条件としては、安定した収入があること(専業主婦の場合には配偶者である夫に収入があること)はもちろんのこと、銀行が指定している保証会社と契約することが条件となります。すなわち、保証会社の審査を受ける必要があると言えるのです。そしてこの保証会社には、銀行と提携している(あるいは銀行傘下の)消費者金融業者が指定されています。要するに、銀行のカードローンを契約する際の審査は、実質的に消費者金融業者が行っていることになるのです。審査内容は消費者金融業者がこれまで行ってきたものと同様になっています。消費者金融の審査システムを利用するために審査の結果が出る時間も短縮されており、申し込みを行って即日で契約することが可能となっているのです。消費者金融業者と契約可能である場合には、当然銀行カードローンの契約も可能となります。

学校の友達や職場の同僚と旅行に行くことになったけれどお金が足りないとか、買いたい物があってもお金が無いなどの時にカードローンは大変便利です。このカードローンはテレビなどのCMで見たことがある人が多く、ほとんどの人が知ってしますが、どの様な仕組みになっているのかを詳しくは知らないという人も多くいます。一体どの様な物なのでしょうか。カードローンとは、簡単に言ってしまうと、お金を借りたい人が、お金を借りる事ができるサービスのことです。このカードローンは他のローンとは借り方などに特徴があります。他のローンでは、借入する時に家や宝石などを担保にして借りるのですが、カードローンは、担保も保証人も無しでお金を借りる事ができるので、個人の信用を重要視しているので、比較的審査が通りやすく借りやすい自動車ローンなどとは違い、審査が通らずに借りられないこともあります。

カードローンは基本的に定職に就いていて、安定し収入がある人なら誰でも申し込むことができます、限度額は低くなりますが、学生や専業主婦の人たちでもカードローンが作れるようになってきており、審査の時間も大変短いものなので、カードローンを利用できる人は増えています。また、カードローンは使用目的が自由で何に使っても良いという特徴があります。また、限度額内であれば何度でも自由に追加の借り入れをすることができます。毎月しっかりと返済をしていれば、限度額内である限り、何度でもお金を引き出して使えるという特徴もあります。また、カードローンの審査などの手続きは、他のローンの手続きと比較して簡単です。申し込み方法に多少の違いはありますが、インターネットやスマートフォンなどを使っての手続きができ、審査の時間も短いので、お金を借りるまでの時間が大変短いという特徴があります。また、自分の会社のATMだけではなく、提携している銀行やコンビニエンスストアなどのATMなどでも借り入れることができ、返済のときも、コンビニエンスストアなどのATMなどでできるため、手軽で身近なものになっています。

キャッシングやカードローンで常に話題になりやすいのが、どの銀行・事業者の審査が通りやすいかという事です。 以前は基本的に消費者金融系が一様に通りやすかったのですが、2010年6月に導入された総量規制により、消費者金融系や銀行以外のカードローンなどは軒並み審査が厳しくなってしまいました。 事業者側としても、貸したくても規制により貸せないという状態になってしまったようです。

では現在、どこの審査が最も通りやすいのでしょう? 審査の通りやすさは確証を示せるものではないのですが、ネットや実際の利用者からの声によると断トツで楽天カードが通りやすいとの事でした
CMも有名で、今やその存在を知らない方はいない程でしょう。 ではなぜ楽天カードは通りやすいと言われているのでしょうか?理由を考察してみました。

まず、楽天銀行カードローンは「スーパーローン」という名称で楽天銀行が直接運営するカードローンですので、総量規制による制限の対象となりません。ここが一番のポイントだと思いますが、例えばネットで「楽天カードローンは無職でも通った」という声をよく見かけたりするのですが、総量規制の対象外であれば銀行法が適用されているという事で、そこでは無収入の方は借入が出来ないという制限などがそもそも無いのです。

ですので、専業主婦の方などでも限度額30万円までなら借りられます。 つまり、無収入の方でも例えば実家暮らしの方ですとか、返済能力の根拠となる要素を持っていれば、事故歴などが無い限りは通る可能性も十分にあります。

また、楽天の会員登録をしている方はご存知かと思うのですが、楽天はカードローンが利用可能となった方へ楽天ポイントを2000Pほどプレゼントしていました。 CMがよく放映されていて楽天ポイントも付与するという背景を考えると、会員獲得に非常に力を入れていると言えます。 スーパーローンは新興のカードローンですので、事業として利益を上げるためには会員の絶対数が必要である事は明白です。

つまり要約しますと、総量規制の対象外であり規制を受けずに審査を柔軟に行える・新興なため会員数が必要・会員数の獲得に対して明らかに強く力を入れている…これであれば、恐らく事故歴が無い方ならほぼ誰でも通るのではないかと思えます。

ちなみに私の知り合いで零細の個人事業主がいまして、これまで様々なキャッシング・カードローンに落ちていたのですが、最近スーパーローンに通ったという方がいます。 個人事業主は収入証明の信用度が若干低く見られがちでクレジットカードを作りにくいのですが、それでも通ったのであれば考察も間違いでは無さそうです。 キャッシング・カードローンの利用をお考えの方で審査を不安に思う方がおられましたら、楽天のスーパーローンはネットの評判通りお勧めです

ELFADSC06499_TP_V

25歳、既婚、男性になります。 キャッシング、住宅ローンにて体験したことを書いていきたいと思います。 前置きとしまして。。 結婚の条件が家を買う、というものでした。 「今の時代、賃貸で自分のものにならんのは死に金だ!」と強く言われたのもありますが、 それにだんだんと共感を持ちまして 、あ、なら、家買うか。ってなりました。 24歳のときです。

無知でなにも知らないから、近くの住宅販売に押し掛け、にこやかに受け入れられ。 色々と相談。 まずは年収で引っ掛かりました。 新入社員で入った為に年収が300万ギリギリ。 勤務年数も足りません。 そこで家購入がひとまず見送りになりました。 勤務年数も一年を越してさぁ、家を買うか、となった頃 知り合いより中古の戸建てを紹介。 個人販売でも家を購入することは可能なんです。

ただ、用意するものはたくさん有りました。 何度もくじけて、さぁ、銀行に!とローンの相談に。 地方だとだいぶ怪しいのか、まともに扱ってくれませんでしたが、なんとか信販会社に審査をお願いしました。
ダメでした。 理由は言ってくれません。 個人販売の家だからか?と考え、不動産に駆け込み 色々とまた、相談しました。 「携帯電話の支払い、遅れたことないですか?」 …ぶっちゃけ月を跨いで支払ったことがありました。

そういったのを知らず「大丈夫だと思います!」 夏に不動産に駆け込んで 家を決めたのはその一ヶ月後。 家の購入が出来たのは年を跨いだ春先。 半年以上かかりました。 自分が支払い忘れたローンは調べるとキチンと出てきます。 cicや、jiccといったところです。 電話からの郵送も出来ましたが、直接の方が早く向かいました。 見事に三年前に3ヶ月、支払いがおくれてました。

携帯電話の会社にもよるみたいですが、 きちっとしたDOCOMOさんは月を跨ぐとその時点で俗にいうブラックリストになり、信販会社からの信用はなくなるみたいです
おおよそ、5年。長くて7年。 支払いの延滞がなければ、自分が綺麗に白になり、お金が借りることが出来ます。 後は銀行を色々と当たって貰うこと。 銀行によっては信販会社も違うので、相談してみるのが一番です。

KUKO_0I9A2745_TP_V

私は海外で日本人の旅行客を相手に通訳やアテンダントの業務をしています。その時グループの中で残念ながら1人か2人は必ず海外で詐欺にあってしまったり財布の盗難事故にあったりする方がいます。海外では注意が散漫したり、日本人だと言うだけで、狙われてしまうケースが増えてきているのも現状です。

そしてこのような旅行客の人たちを警察署へ連れて行き盗難事故の書類を保険会社に提出する為に制作するのについていくことが、私たち海外現地でのアテンダントの1つの仕事でもあります。そして残念ながら警察につくと「また日本人。」と言われてしまう始末です。近頃は日本人観光客の危機管理も少しずつ改善してきていて、お金を小分けにしていたり財布と別にキャッシングカードを持っている観光客が増えていることが、1つの救いだと感じます。

あなたが海外に行って財布を全てなくしてしまったときそのショックは、どれほど大きく途方に暮れることでしょうか。そんな時、キャッシングカード財布と別に持っていて手元に残っている時、どれほど心強いものかは計り知れません。なぜなら現地のATMからキャッシングのサービスを使い手元にお金を持つことができます。 これでホテルの支払い、交通費、食費などに困る事はまずありません。

何度もキャッシングサービスに助けられた日本人観光客を目の当たりに見てきましたので、海外にいかれる日本人の方にはぜひお守りがわりに持っているようにお勧めしています。そして必ずパスポートとキャッシングカードはお財布とは別のところに入れることも忘れずにしてください。一緒に持っていってしまっては、せっかくのサービスも使えなくなります。

現地で日本人観光客をアテンダントをするにあたり海外ではいい思い出をもって帰ってもらいたいのが、お願いです。しかし残念ながら思いもよらない事態を避けれないのも現実です。ですので危機管理とお守りがわりに、キャッシングカードのこともしっかり考えて海外旅行の準備を進めてください。

sopuIMG_3195_TP_V (1)

初めてキャッシングを利用したのは、今から5年ほど前のことでした。 最初は2~3万くらい生活費が足りないから、ちょっとだけなんとかならないかな?という 気軽な気持ちで申し込みをしたのですが、これが地獄への階段になってるとはこのときは全く思いませんでした。 いろいろある会社の中で選んだのは、アコムでした。

なぜかというと、その当時は金利が少し他社より低かったからです。 そしていざアコムに着いて中に入った時、受付には女性の方が2,3人いて 笑顔で挨拶してくれたりお茶を出してくれたり、雰囲気はとても良かったです。 そして申し込み自体もとてもスムーズに進み、 約1時間ほどで完了してお金がすぐに借りられる状況になりました。 申し込みのときに少しドキっとしたのは、匿名ですが会社に在籍確認をされたことですかね。 まあでも、特に問題なく終わったようでした。

ちなみに私の年収から計算して借りられた金額は10万円でした。 10万円を一気に借りたとしても、月々の返済額はたった三千円でいいとのことでしたので、 なんだ、楽勝じゃん!ってこのときは思ったものです。 ただ、よく考えてみてください。 毎月2~3万足りないから借りにきたのに、三千円が少ないって感じてしまったこの感覚。 もうこの時点でなにかおかしくなってるんですよ。

そして、その足ですぐ横にあるATMから10万円を引き出しました。 なんか、臨時収入で10万円が手に入った感覚です。 人間ちょっと大金が手に入ると考えが変わるんですよね。 半分くらい使っても大丈夫!っていう完全にやばい感覚が頭を支配してました。 半分の5万で終わればまだよかったものの、たった一週間でその10万円は無くなりました。 使い道は欲しかったものとか、ギャンブルとか、遊びとかです。

当初の目的である、毎月の生活費の負担軽減はどこえやらです。 アコムでお金を借りてから一ヶ月したとき、 もっと遊びたい、せっかくだし他の消費者金融でも契約しておこうって思いました。 契約だけしておいて、お金を借りなければいいや。っていう考えで。

次に向かったのはプロミスでした。 ここもアコムと同じでスムーズに受付は進んで、 なんとプロミスだと、私の年収から計算すると50万円も借りれると言われたんですよ。 ちなみに50万円借りた時の月々の返済額は15000円くらいだったかな? アコムとあわせて約2万円です。 私は即座に契約し、即行で10万円を借りました。

なんというか、自分の口座にお金が振り込まれた感覚というか、 お金を借りてる感覚よりも、お金が急に手に入ったって感覚のほうが大きかったですね。 もうそこからは地獄への階段を急降下です。 あっという間に上限の50万円を借りてしまい、毎月の返済は2万円になり、 当初の月々2~3万円のマイナスから5万円のマイナスにまで膨らんでしまい、 その後は他の消費者金融からお金を借りて、そのお金で他社の借金を返すという地獄に。

最終的には弁護士事務所に電話して、任意整理でなんとか命を繋ぎ止めたって所です。 自制心が高くない人がお金を借りると、本当に取り返しのつかないことになります。 たかが三千円と思うことなかれ。 消費者金融は本当に怖いです。 考えが甘いと私のように人生破滅しますので、 消費者金融でお金を借りようと考えている方は気をつけてください

業者から借りるとなると、件数が重視される事がとても多いです。基本的にはその数が少なめな方が、有利な傾向があります。 そもそも新規申込をしている方々の中には、すでに別の会社で融資を受けている方も見られるのですね。A社で申込をする前に、B社やC社などでお世話になっている方も、中には見られる訳です。

ところでその会社数が、大きなポイントになってきます。基本的にはその数が少ない方が、有利になる事が多いですね。 例えばDさんという方が、A社に対して申し込みをしているとします。その際に他の会社から借りている件数は、全部で2社程度だとしましょう。それに対してEさんの場合は、6社程度になっているとします。

DさんとEさんのどちらの方が有利かと言われれば、Dさんなのですね。Eさんに比べれば、明らかに件数が少ないからです。 つまり借りている会社の数が少ない方の方が、キャッシングで借りる確率の高まる訳ですから、ちょっと整理をしておくのも一法ですね。Eさんのように6社程度になっている場合は、できればそれを1つの会社にまとめておくと良いでしょう。その方が色々と整理されますので、後々が楽になると思います。

ちなみにその件数は、金額よりも優先順位が高めになるのです。もう一度上記の事例に戻りますが、Dさんが借りている金額のトータルが60万円だとします。それに対してEさんの場合は、合計額が30万だとしましょう。明らかにEさんの方が金額が低いので、一見すると有利なように見えるのですが、それ以上に件数の方が重視されるのです。ですので結局は、Dさんの方が借りる確率は高くなる傾向があります。

ただし、中には例外の会社も見られるのですね。一部の銀行関連の会社の場合、Dさんのように多くの会社から借りている状況でも、柔軟に対応してくれる事があります。件数が重視されるかどうかも、会社次第なのですね。 もっとも銀行でも、結局は件数が少ない方が有利な事が多いです。ちょっと数が多い時は、極力まとめておくべきでしょう