銀行カードローンの審査は消費者金融が行います

ここ数年、銀行カードローンの契約者が増加しています。これまではキャッシング契約というと主に消費者金融業者と契約する人が殆どでしたが、消費者金融が総量規制の対象となってしまい、借り入れの際に所得証明の提示を求められるようになってしまって以降は銀行カードローンの利用者が増加し続けています。現在では大手銀行やインターネットバンク、そして地方銀行など様々な金融機関で展開されているローン商品です。この銀行カードローンは年利が消費者金融よりも低く設定されており、他のローン契約がある場合などは金利の優遇措置を受けてさらに低金利での借り入れが可能となっているため、金利の高い消費者金融業者からの借金を借り換えるための利用者も増加し続けている傾向にあります。

また、近年では店頭に行かなくても、インターネット上で契約が完結可能となっているため、利便性が非常に高くなっています。収入の無い専業主婦でも契約することが可能な銀行のカードローンですが、当然契約の際には審査を受けることが必要となります。契約の条件としては、安定した収入があること(専業主婦の場合には配偶者である夫に収入があること)はもちろんのこと、銀行が指定している保証会社と契約することが条件となります。すなわち、保証会社の審査を受ける必要があると言えるのです。そしてこの保証会社には、銀行と提携している(あるいは銀行傘下の)消費者金融業者が指定されています。要するに、銀行のカードローンを契約する際の審査は、実質的に消費者金融業者が行っていることになるのです。審査内容は消費者金融業者がこれまで行ってきたものと同様になっています。消費者金融の審査システムを利用するために審査の結果が出る時間も短縮されており、申し込みを行って即日で契約することが可能となっているのです。消費者金融業者と契約可能である場合には、当然銀行カードローンの契約も可能となります。