キャッシングの新規申込の前に借りている件数を減らしておくと良い理由

業者から借りるとなると、件数が重視される事がとても多いです。基本的にはその数が少なめな方が、有利な傾向があります。 そもそも新規申込をしている方々の中には、すでに別の会社で融資を受けている方も見られるのですね。A社で申込をする前に、B社やC社などでお世話になっている方も、中には見られる訳です。

ところでその会社数が、大きなポイントになってきます。基本的にはその数が少ない方が、有利になる事が多いですね。 例えばDさんという方が、A社に対して申し込みをしているとします。その際に他の会社から借りている件数は、全部で2社程度だとしましょう。それに対してEさんの場合は、6社程度になっているとします。

DさんとEさんのどちらの方が有利かと言われれば、Dさんなのですね。Eさんに比べれば、明らかに件数が少ないからです。 つまり借りている会社の数が少ない方の方が、キャッシングで借りる確率の高まる訳ですから、ちょっと整理をしておくのも一法ですね。Eさんのように6社程度になっている場合は、できればそれを1つの会社にまとめておくと良いでしょう。その方が色々と整理されますので、後々が楽になると思います。

ちなみにその件数は、金額よりも優先順位が高めになるのです。もう一度上記の事例に戻りますが、Dさんが借りている金額のトータルが60万円だとします。それに対してEさんの場合は、合計額が30万だとしましょう。明らかにEさんの方が金額が低いので、一見すると有利なように見えるのですが、それ以上に件数の方が重視されるのです。ですので結局は、Dさんの方が借りる確率は高くなる傾向があります。

ただし、中には例外の会社も見られるのですね。一部の銀行関連の会社の場合、Dさんのように多くの会社から借りている状況でも、柔軟に対応してくれる事があります。件数が重視されるかどうかも、会社次第なのですね。 もっとも銀行でも、結局は件数が少ない方が有利な事が多いです。ちょっと数が多い時は、極力まとめておくべきでしょう